このエントリーをはてなブックマークに追加

飛行場に何時間前に到着すればいいのか

日本人は5分前行動というものが身についています。
これは誰かと待ち合わせをしたときによいことなのではないでしょうか。
相手を待たせないという気遣いの精神から生まれています。
またお宅にお邪魔するときはむしろ少し遅れていくなど日本人ならではのマナーがたくさんあるものです。
また他にも石橋をたたいて渡る人は非常に多いのではないでしょうか。
何をするにも慎重な人です。
例えば海外旅行に出掛けるときは時間を厳守する必要があります。
それは飛行機に乗り遅れるということもあるからです。
では海外旅行に行くとき飛行場に何時間前に到着しておけばいいのでしょうか。
それは大体2時間前といわれています。
まず飛行場のゲートを間違えないようにしてください。
例えば成田空港から乗るとしましょう。
成田空港には出発ゲートがありますが、第一ターミナルと第二ターミナルがあります。
また一つのターミナルにもたくさんの入り口があるため注意が必要です。
まず目的のターミナルに着いたなら、すぐに電光掲示板を見ましょう。
そして自分の乗る飛行機の受付カウンターがどこにあるのかを確認してください。
成田空港ならば英語で表記されています。
そこでパスポートを渡してチケットをもらいます。
またそこで荷物を預けることが出来ます。
またその後税関を通る必要があります。
それで2時間前にきたほうがよいのです。
もしも心配ならばもう少し前に来てもよいでしょう。
その後中に休むところがあります。
Copyright (C)2017素晴らしい!テーマのある海外旅行.All rights reserved.